いろいろな目的で利用することができます

 フリーローンとは、利用目的が決められていないローンです。したがって、いろいろな目的のために利用できるローンだといえます。
たとえば、住宅ローンとは、住宅の取得のみにしか利用できません。また、自動車ローンは自動車の取得のみにしか利用できません。
そして、教育ローンとは、教育費のためにしか利用できません。しかし、フリーローンとは、こういったローンとは異なるものなのです。そして、その名の通り、自由な目的のために使うことができるのです。

 たとえば、独立開業したいけれど、資金が少し足りないとかいう人もいます。

こういった時にも、フリーローンは、資金の調達のための手段となります。また、家のリフォーム費用が少し足りないとかいうこともよくききます。

こういった時にも、フリーローンというものを利用するといいでしょう。

消費者金融や銀行が提供しているフリーローンというのはその名のごとく、「自由」に使えるローンということです。つまり、借り入れたお金は何に使っても構わないということです。例えば、住宅ローンや教育ローンというのは、借入金の使用用途が住宅の購入やリフォーム、子どもの学校の入学金や教材費などに限定されています。このように使用用途が限定されているローンを「目的別ローン」と言います。なお、目的別ローンでは借入金がすべてサービスや商品の提供者に渡されますが、フリーローンでは利用者が借入金を手にするということも大きな違いになっています。フリーローンというのはどんな用途にも使用できるので便利ではありますが、反面、貸出金利が高くなっています。特に、消費者金融のフリーローンは100万円以内の借入金に対する貸出金利が18%、100万円を超えても15%という高金利になっています。
出典:フリーローン 人気/わかりやすいカードローン審査のまとめ概要

 フリーローンは、担保が必要になることが多いです。そのかわり、一般的なカードローンやキャッシングと比べるとたくさんの融資を受けられるのです。

フリーローンのイメージと実態

住宅ローンや自動車ローンのような目的ローンと異なり、利用目的を限定されないフリーローンへのイメージは、一般的にはそれほど良いとは言えないかもしれません。しかし、現実的にはフリーローンを利用している方はとてもたくさんいます。一般的な世間のイメージと利用実態に差があるのです。

一般的にあまり良いイメージが持たれないのは、目的別ローンに比べるとフリーローンの方が金利が少し高めになっていることも関係していると思います。金利が高いと返済の負担が増えます。また、フリーローンは利用目的が限定されていない為、無駄遣いの為にお金を借りる人が多いと思われてしまいやすいのです。

これらの点が一般的に良くない」イメージを持たれる要因でしょう。

しかし最近のフリーローン商品は、昔に比べると金利が下がっています。
また、フリーローンの利用目的も決して無駄遣いなどではなく、切実な生活費の為に借り入れを行う方が多いのです。
切実な理由と低金利化の実情をきちんと受け止めている利用者が増え、イメージと現実のギャップが生じたと言えそうです。

本当に必要なものか?

人間誰しも、物欲があるものです。好きなものにお金を使いたい、仕事の道具を良い物で揃えたい、好きなブランドの服を買いたい。なんでも欲しいものは是が非でも欲しくなるものです。

ですが、そんな物欲を満たすためにフリーローンを契約してしまう人も多いのですが、本当にそれが必要で本当にいま一番欲しい物なのかと自分に問いただしてみる必要があります。

仮にほしい物を買うために借り入れをしたとします。ですがそれに対して返済の際に金利を支払わなければならず、借り入れをして金利分を差し引いてもそれだけの価値があるのか。それを見返すことが出来る人でなければ失敗するリスクも非常に高いと言えます。

例えば仕事をするための先行投資や大事な人とのひとときを過ごすため。そうした一瞬一瞬のためや今後のためになるもののためであれば利用する価値もあるかと思います。それでも返済に対しての意識を忘れず、早くにかえしてしまうという意識も大切なのです。

ローン契約選びは金利から!

ローン契約を提供している業者は探してみると非常に多く存在します。もちろんどの業者もそれぞれのメリットが有りますので自分にピッタリと思う業者を選ぶのが一番なのですが、その材料になるのが金利です。

金利は完済するまでにかさ増しされる言わば業者の利益になるものですが、利用者からすれば金利が低いほうが助かるわけです。
ただし極端に金利が低い業者というのはなかなか存在しません。ですが金利が高い業者は存在するのです。底を見極めていかに金利の低い業者を選ぶのかというのは非常に重要です。

自分に合った業者を選ぶという意味でも金利は注目したいですが、それ以外にも不正営業をしていないかという指標にも使えます。法定金利は現状20%となっています。それ以上になることは通常ありませんが場合によっては提示金利よりも多く回収されている可能性もあるので、提示されている金利が何%なのかに着目し、返済時に計算を怠らないことも悪に引っかからないための工夫です。

フリーローンとは?

よく耳にするフリーローンですが、マイカーローンや住宅ローンなどのように使用目的が限定されないキャッシングローンの事です。そのため、融資は現金で行われ審査内容にお金の使途は含まれていないのです。フリーローンでの借り入れでは自由に資金を活用する事ができます。

フリーローンは比較的ハードルが低く、簡単にローンを組むことが出来る点がメリットではないでしょうか。申し込みをしてから審査も即日、最短でおわるため、対応のスピーディーさの面でも便利です。特に、最近はインターネットでの申し込みも可能なので、緊急で融資を受けたい場合にも便利です。

フリーローンの場合、金利が高いという点はデメリットです。審査や使い道が限定されないために容易に融資を受ける事が出来てしまいます。そこで、無計画な利用をしてしまうと、後々返済が困難になってしまう場合があるため注意が必要です。
フリーローンは審査の面でもハードルが低いので、気軽に借りれますが、計画的に利用する事が大切です。

自由度があるので便利だったフリーローン

パソコンは仕事で使うこともあれば、ショッピングをする時にも使うなど、私にとって必需品となっています。ですから万が一壊れてしまうようなことがあると、本当に困ってしまいます。

しかしついうっかりしていたこともあり、パソコンに思いっきり飲物を溢してしまいました。そして故障してしまい、使用不可の状態となったわけです。すぐにでも新品のパソコンが欲しかったので口座残高を見てみると、全然お金が足りません。

そこでお金を借りるため、光熱費の引き落としや給料の振り込みなどに使用している銀行を訪れまして、融資の方にパソコンを購入するためのお金を貸して欲しいと相談してみました。

どうやらパソコン専門のローンは無いようで、紹介していただいたのがフリーローンです。フリーローンは名前の通り、自由度のあるローンということで、これならばパソコンを購入しても問題ありません。

住宅ローンや教育ローンは目的外使用はできませんが、フリーローンは目的は自分で決めることができるということで、とても良いローン商品だと思っています。